カラパイア

1/8ページ

シースルー系とか流行ってるけども!真横だけがぱっくり丸見えになるジーンズが販売されていた件

 ジーンズも多様化が進み、ダメージやら極太やら何やらかにやらで、網タイツ系が登場して(関連記事)、ついにここまで来たかー。と感慨にふけっていたわけなんだけども、さらなる亜種が誕生していたようだ。  日本にも店舗と通販展開している「Opening Ceremony」は、そ… 続きを読む

壁にはめ込まれたレゴブロック。その中に仕掛けられたときめく小さな秘密の部屋!!

 うっかり踏んだら死ぬほど痛いだけでなく、あらゆる造形の可能性を持つことで知られるレゴブロックは、子ども用玩具にとどまらず、世界中の人々の創造意欲を刺激するツールと化している。     そして現在ネット上ではユニークなレゴアートが次々とシェアされているが、… 続きを読む

決め手は玉ねぎとバター。完璧なパスタ用トマトソースの作り方(+ミートボールもね!)【ネトメシ】

 カラパイアクッキングでは、お手軽食材で作る簡単レシピと共に、海外が発祥の料理の完璧な作り方やコツなども紹介しちゃったりなんかしているわけだが、今回は「完璧」シリーズである。  今回は海外レシピから応用した完璧なるトマトソースの作り方だ。決め手は玉ねぎを… 続きを読む

「アズカバンの囚人」の手配書?どこから見てもこちらを見続けているるように見える迷子猫のポスター

 あれれ、間違えてキングス・クロス駅の9と3/4番線からホグワーツ特急に乗っちゃったかな?  そんな気分にさせられる、まるでハリー・ポッターの世界に迷い込んだみたいなポスターが海外で話題になっていた。  行方不明になった猫を探すべく掲示されている「迷子猫探し… 続きを読む

太陽の1250億倍というエネルギーを持つ超モンスター級ブラックホール(フィンランド研究)

 チリに囲まれた巨大なブラックホールは星を引き裂くと、超高速の粒子のジェットを噴出する。そのエネルギーは太陽が1年に放出する量の1億2500万倍だという。  超大質量ブラックホールは、太陽の数百万倍から数十億倍もの質量を持つブラックホールで、ほとんどの大型銀河… 続きを読む

おいしそうすぎてヤバい。犬と食べ物を融合させたインスタグラムアカウントが大人気

 さて前回、猫と食べ物をミキシングしたコラ画像が注目を集めていることをお伝えしたが、猫だけで終わることはなかったのだ。  猫がアリなら犬だってアリなのだ。ということで、「cats_in_food」に対抗して、インスタグラムで誕生した「dogs_infood」では、様々な食品と… 続きを読む

アメリカ軍に新たに宇宙軍を創設。トランプ大統領が国防省に指示

 ドナルド・トランプ大統領が、6月18日に開催された国家宇宙委員会の会議で国防省にアメリカ軍6番目の部門となる宇宙軍の創設を指示した。  「我々は空軍と宇宙軍という、分離すれど同等の軍を保有するものとする。重要なものになるだろう」とトランプ大統領は発言した。… 続きを読む

火星の衛星の数、クレジットカードの登場、海難事故など、予言が的中した10冊の本

 歴史を通して、これまで無数の予言がなされてきた。  有名なノストラダムスは2000年の「人類の滅亡」の予言ははずれたものの、1666年のロンドン大火を的中させた。  こうした予言は想像以上に多く、古代の暦や文献に記載されたものばかりか、もっと最近のフィクション… 続きを読む

クモ嫌いがなおるかも!お目目ぱちくりにデフォルメされた「ルーカス・ザ・スパイダー」のぬいぐるみがナウオンセール!

 以前カラパイアでは、クモ恐怖症(アラクノフォビア)の人だって胸キュンしちゃうかも?なショートアニメ「ルーカス・ザ・スパイダー(Lucas the Spider)」を紹介した(関連記事)。  クモだって地球の大切な一員だ。生態系を維持するために役立っているし、ダニやノミなど、… 続きを読む

猫耳にダチョウの脚、お腹に袋…科学的に完璧な人間の体を持つ「アリス2.0」が悪夢しかない(英研究)

 科学が考える完璧な体とはこういうものらしい。    我々の体にはいくつもの欠陥がある。腰痛に悩まされ、喉がつまり、皮膚は荒れ、耳は聞こえなくなる……我々は控えめに言っても不完全だ。  では完璧な体とはどのようなものだろうか? 英バーミンガム大学のアリス・… 続きを読む

毎朝4時に起きて数時間かけて通学していた学生、卒業式で心温まるサプライズ(アメリカ)

 日本では3月に卒業式を迎え4月に入学式を行うのが通例だが、海外だと5月に卒業式を迎える。今年も卒業シーズンを経てあるドラマが起きていたようだ。  今年の5月、1枚の写真がFacebookに投稿された。1人の学生が卒業式に着るガウンを羽織り歩く後ろ姿が撮影されたものだ… 続きを読む

犬入店禁止のカフェの前でお行儀よく飼い主を待ち続ける犬の姿にキュン(アメリカ)

 海外でもペットと一緒に過ごせるお店が着々と増えてはいるものの、一般的なお店にはたいてい「ペット同伴の入店はご遠慮願います」という注意書きが貼られている。  たとえどんなにおとなしい動物でも規則は規則。当然ながら飼い主はペットに待ってもらい用事を済ませる… 続きを読む

南極の氷の下では頻繁に地震が起きている。南極の地震を観測することでプレート活動を理解しようという試み(米研究)

 東南極は地球上で最も寒い場所だ。1年を通して氷に覆われており、草木の類はなく、ほんの少し地衣類やコケなどが生えているだけだ。だがそれだけではない。  しかし新たなる研究論文によると南極大陸には恐ろしい地質学的特徴があるという。この凍てついた土地には地震… 続きを読む

放置された神々の像が独特な世界観を生み出している、バリ島の廃墟ホテル「ベドゥグル・タマン」

image credit:Romain Veillon  以前カラパイアでも紹介(関連記事)した、世界中の廃墟を撮影している写真家ロマン・ヴェイヨンさん。ヨーロッパを中心に撮影している彼の廃墟シリーズにバリ島のホテル廃墟が加わった。  バリ島では、昔からの土着の宗教に、ヒンドゥー… 続きを読む

世界で最も謎のベールに包まれた「影のサミット」西側の権力者が世界の行く末を決定する「ビルダーバーグ会議」

image credit:dailymail  ビルダーバーグ会議は、1954年から毎年1回、北米や欧州の各地で開催される会合である。公式にはヨーロッパと北米間の対話促進を目的としているが、会議内容は非公開となっており謎に包まれている。  そこには各国の政治家や官僚、多国籍企業・金… 続きを読む

猫だって下僕を待っている。飼い主の帰りを待つ猫たちの画像集

 猫は我々人間よりも聴覚に優れている(おおよそすべてにおいて優れているともいえる)。よって、我々が通勤通学から帰宅する際、実は足音やなんかを聞き分けて「あ、帰ってきた」ってわかっていたりするんだそうだ。時としてマイペースすぎる印象を与えてしまう猫ズだけど、… 続きを読む

いつの時代も「まだまだ世界は捨てたもんじゃない」心温まる歴史上の8つの出来事。

 連日ニュースを賑わすのは、戦争や犯罪、差別や虐待など心悲しくなるものばかりだ。  悲惨なニュースは大きく取り上げられるが為に、とても目立つし記憶に鮮明に残るが、その裏では人知れず、大きなものから小さなものまで、心温まる行為が誰かによって繰り返し行われて… 続きを読む

人気のゲーム「フォートナイト」にドハマりしたのは9歳の少女。おもらししたり父親を殴ったりで依存症のリハビリ治療中

トイレに行く暇も惜しんで1日10時間もプレイ  少女はこっそり夜もゲームをし続け、片時も画面から目を離すことができなくて、トイレに立とうともしなかった。  この少女は現在、ゲーム依存症を克服するために集中的な治療を受けているが、1日10時間もプレイしっぱなしで… 続きを読む

何これすごい!渦を巻いて空に舞い上がり、パラシュートで降りてくるプロペラ花火

 昼間やる花火の類のようだが、点火すると煙につつまれた後、空高く飛び上がっていくヘリコプターのような大きなプロペラ。  マキシマムに上昇したらパラシュートが開きやんわりと落下してくるんだ。  これはリアルで見てみたい迫力なんだわ。 続きを読む

綿菓子みたいなふんわりパステルカラー。1億匹に1匹という希少な「コットンキャンディ・ロブスター」が発見される(カナダ)

image credit:Instagram  めちゃデカかったり(関連記事)変わった色をしていたり(関連記事)とレアキャラが意外と出現しがちなロブスター界だが、今度はパステルカラーのロブスターが発見されたようだ。  昨年11月のことである。  カナダ・ニューブランズウィック州沖合の… 続きを読む

1 8